会社概要社 是環境方針事業の沿革本社・各工場案内と交通

会社概要

会社名 株式会社チューブフォーミング
設立 昭和35年8月1日
資本金 10,000万円
代表者 代表取締役社長 小川 昌久
本社 神奈川県横浜市金沢区福浦2丁目15番地の12
工場 3工場(本社工場・静岡工場・長野工場)
敷地面積合計40,360m2(12,230坪)、建屋面積10,614m2(3,210坪)
事業内容 金属管の塑性加工品と塑性加工機、附属設備の開発、製造、販売
会社の特色 金属管(鉄・ステンレス・アルミ・銅・チタン等)の各種塑性加工法によるVA/VE
設計効果をはかり、また軽量化の追求と独自の分野の開発をめざしております。
従業員数 約110名

 

社 是

 

▲TOP

環境方針

私たちは「パイプ加工のパイオニア」として、「地球にやさしいモノ作り」を目ざし購入から加工・梱包・納品までの全生産活動プロセスにおいて環境保全と環境負荷の軽減に努め、緑豊かなるこの地球を子孫代々まで継続するため全社員が次のことに取り組みます。

 

1.
環境に影響を及ぼす環境側面を特定するとともに環境目標を設定し、環境保全と環境負荷を軽減するための重点活動として、3Rを基本に次の活動項目を継続的に推進します。
3RReduce.Reuse.Recycle)
 
1)
資源の有効活用 ゴミは分ければ資源、混ぜれば廃棄物」の考えからゴミ・スクラップ・廃油等の排出物を分別収集し廃棄物を軽減します。
2)
省エネルギー活動 電気・燃料等を削減するため、省エネルギー活動を推進します。
3)
汚染の予防 排水・排気・廃液等の汚染物質の管理を徹底し、環境汚染の予防に努めます。
2.
法的要求事項等を厳守し、社員および社外の関係する人たちに広く環境に対する問題意識を周知させるため、コミュニケーションを密にし環境教育活動を推進します。
以上のことを確実にするため、環境マネジメントシステム継続的改善を図ります。

 

▲TOP

事業の沿革

1960年 (昭和35年)
8月
1日
東京都大田区に電縫鋼管株式会社を創立。
鋼管の塑性加工による自動車用プロペラシャフトを量産化。
1961年 (昭和36年)
9月
受注量増大に伴う工場狭隘のため神奈川県横浜市港南区に工場を新設し、本社を移転すると同時に社名を鋼管加工株式会社に社名変更した。
1973年 (昭和48年)
10月
受注の大幅増大に伴い静岡県小笠郡に静岡工場を設立操業開始。
1978年 (昭和53年)
10月
神奈川県より第一回目技術開発資金の融資を受ける。
1979年 (昭和54年)
11月
神奈川県優良工場表彰受賞。
1982年 (昭和57年)
3月
中小企業庁より優良受診企業表彰受賞。
1982年 (昭和57年)
4月
神奈川県標準工場指定を受ける。
1983年 (昭和58年)
7月
都市計画による環境改善と受注量増大に伴う再度の工場狭隘のため、本社工場を横浜市金沢区に全面移転。
1983年

(昭和58年)

10月
神奈川県発明展にて焼鈍成形法横浜市長賞を受ける。
1987年 (昭和62年)
5月
日本塑性加工学会技術開発賞受賞。
1987年 (昭和62年)
7月
(財)新技術開発財団よりアイデア技術開発助成金を受ける。
1988年 (昭和63年)
4月
中小企業庁より中小企業合理化モデル工場指定を受ける。
1989年 (平成元年)
4月
横浜市経済局より塑性加工によるギヤー及びラック成形開発装置に関し横浜市先端技術産業振興助成金を受ける。
1989年 (平成元年)
10月
神奈川県工業技術開発大賞受賞。(ラック成形の新製造技術開発)
1990年 (平成2年)
5月
日本塑性加工学会功労賞受賞。
1990年 (平成2年)
8月
株式会社チューブフォーミングに社名変更。
1992年 (平成4年)
4月
受注増大に伴い長野県伊邦市に長野工場を設立操業開始。
1992年 (平成4年)
12月
第44回神奈川県発明考案展覧会横浜市長賞受賞(継手管)
1993年 (平成5年)
12月
第45回神奈川県発明考案展覧会
(社)発明協会賞受賞(水撃防止装置)
2003年 (平成15年)
7月
lSO9001:2000取得。
2007年 (平成19年)
3月
受注増大に伴い長野工場増築。
2008年 (平成20年)
7月
lSO14001:2004取得。
2013年 (平成25年)
2月
TUBE FORMING(THAILAND) 設立。
2013年 (平成25年)
3月
テクノフレックスグループの一員となる。

 

▲TOP

本社・各工場案内と交通

本社工場

  ■本社工場
    〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦2-15-12  
TEL(045)781-1005
FAX(045)701-6950
     
  ●交通案内
 
 
【車】横浜横須賀道路並木インターより5分、
首都高速湾岸線(神奈川線)幸浦インターより5分
【電車】JR京浜東北線新杉田駅よりシーサイド・ライン福浦駅下車、徒歩8分。
又は京浜急行金沢八景駅よりシーサイド・ライン福浦駅下車。  
【タクシー】京浜急行金沢文庫駅より15分
     

静岡工場

  ■静岡工場
    〒437-1503 静岡県菊川市川上2111-1
TEL(0537)73-3315  
FAX(0537)73-5388
     
  ●交通案内
 
【電車】新幹線掛川駅、又はJR東海道線菊川駅下車、タクシーにて各25分、20分
【車】東名高速道菊川インターより15分
     

長野工場

  ■長野工場
    〒399-4501 長野県伊那市西箕輪大芝原2433  
TEL(0265)76-5580  
FAX(0265)76-6109
     
  ●交通案内
 
【電車】中央本線岡谷乗換え伊那市駅下車、タクシー15分
【車】中央高速道伊那インターより10分、約3km
     

 



 
▲TOP
 

株式会社チューブフォーミング 〒236-0004 横浜市金沢区福浦2-15-12 
TEL:045-781-1005
Copyright(C)TUBE FORMING co., ltd ALL Rights Reserved.